« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年大晦日・今年の雑感

多少の救いはあれど、俺にとっては昨年以上に『大厄年』のような2010年が幕を下ろそうとしている。

今年は本当に大きな出来事と言うべきことが、「2つ」あったのが今年の特徴だろうか。

『1つ目』は13年在籍した職場を離れ、新たな業種の部署へと転勤となったこと。
転勤の経緯は腑に落ちない点が多いけれど、転勤先は15年前にその業種の経験があるので、全くやった事のない部署じゃ無いのは多少の救い。

俺が居た当時から比べると多くの進化・IT化が進んだうえに、新しい環境下だからか、精神的には緊張を強いられた時期はあった。

今では何とか環境に慣れてきたし、その最中でも数年の間挑戦してきた「スキー1級の検定」に合格を出来たり、怪我の身ではあるものの少しずつ行動範囲を広げられたりもしたので、これが救いになっているだろうという気もする。

ほぼ1年に達しようとしている現在は、環境にも当然慣れたけれども、今後の身の振り方をどうするかは考えなくちゃいけないところだと思う。

そしてもう一つ、『二つ目』は7月に親父が逝ってしまったこと。

年始当初はいくら厄年のような状況になっていても、『大厄年』とも言えるこんな事態になるとは予想だにしていなかった。

亡くなって以降は法的手続きやら何やらで、今までに経験出来ようも無い事態が色々と発生した。気が滅入りそうだったが、多少の息抜きを交えつつも、何とか手続きを済ますことが出来た。

来年までにはあと一つ済ませなくてはいけない事もあるけれど、そういった手続き事が、母の悲しみも少し紛らわせてくれたし、それは俺も同様だった。

取組んでいる間は気を張り続けていたからこそ、気持ちが折れずに前へ進めていたように思う。

思い起こせば今年の元旦の初夢は「臨終」の場面だった。
目覚めた時、油汗を感じながら飛び起きるほどのことで、その時なんて不吉で気味悪い夢だと感じたし、誰にも口に出来なかったのだが、今にして思えばまさに予知夢のようだと思えて、気味の悪さを感じてしまうな。

そこからしても、今年の嫌な状況を象徴する出来事だったような気がしてならない。

本当に切に願うことだが、来年は少しでも明るい話題を提供したいと思えるような1年になって欲しいって思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

効率的な窓掃除

今日は実家の大掃除の手伝い。

実家に在宅していたときから、大掃除時の俺の担務は『窓拭き』というのが俺の基本的な役割だったけど、今の年齢になってもそれは変わらず・・・。

昔は窓専用のクリーナーを使っていたけれど、この洗剤は常に滑り成分が高くて、綺麗な雑巾を使わないと取りきれない汚れが残り、かえって汚く見えるのが欠点。

それがあって子供の頃は親から及第点を出して貰えず、何度もダメ出しを出されたので、寒空の中でやるこの作業が1番嫌いだったりする。

それは今でも変わらないけどね・・・catface

最近母が発掘してきた掃除に役立つという取り入れたネタがあり、それを使って掃除しているとのことなので、それを俺も試すことになった。

それは窓を雑巾で水拭きした後、余った水滴を新聞紙で拭き取るというもの。
それだけを聞くとただ汚れるだけだ、と思うのが正直なところだろうと思うし、俺も当初はそう思っていた。

やってみると思っていた以上に汚れが取りきれることが分かる。これだとクリーナーなどは必要性をないなと感じたわ。

どうも新聞に使われている油が汚れを吸着するのだそうだが、見た目には油汚れが付く気配が無いので、ちょっと意外な結果だった。

一回騙されたと思ってやってみてはどうでしょうか、俺は今まで苦労していた窓掃除がいとも簡単に終了したので、今後はちょっと楽できそうだから、嬉しい限りnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

寒さにやられた1日(滑走2日目)

2010122709080000
今シーズン2回目の滑走は、『ハンターマウンテン塩原』へ。

本来ならば高畑へ行きたかったのだけれど、翌日の仕事への影響を考慮して、ここにすることにしました。

この日は放射冷却になっているのか、氷点下5度と凍える状況でゲレンデ状況もカチカチのバーンでとにかく硬い。

2010122709090000
天候は見事な快晴なので、周囲の山の展望flairもバッチリです。
スピードも出る感じなので、今はしっかりと基礎固めをする時期じゃないかと思うので、ちょっと抑え気味に。

午前中は前回の滑走で教わった練習を中心にポジションの確認。少し早めの昼食後ににて上部は「小回り」練習、下部にて「大回り」の練習に終始。

2010122710110000
教わった動きを取り入れようとはするけれど、やはり慣れない動きなのか、ちょっとしっくりこないし、まだまだ練習は必要ですな・・・。

現在の独居から一部のスキー道具が引き払えていないので、着ているの着衣もちょっと薄手だったのも災いしてか寒さが身に染みる状況が続いて、ちょっとモチベーションが午後からやや低めになってしまい、15時半くらいで上がってしまった。

いつもならリフトが止まるまで滑るのだけれど、今日はそこまでのテンションにならずに終わってしまったのは勿体無いところ。

早めに全てのスキー道具を引き上げて、本来の調子に戻していかないと・・・。
次回の滑走は年明けになると思うが、次こそは高畑へ滑りに行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

クリスマスパーティ

2010122521570000
後輩からのお誘いで、ちょっと遅めのクリスマスパーティを楽しんだ。

お店は南浦和に程近いところにあるダイニングバーで、浦和競馬の最寄駅でもあるこの駅の近くにこういった小洒落た場所flairがあるとは思わなかった。

幹事が今月誕生日でもあるし、来月に結婚することも分かっているので、ケーキも飛び出す披露パーティの装いになったものの、3時間ほどお店に居させてもらったが、楽しい時間はあっという間だったわ。

その後はカラオケに行ったら、他のメンバーの皆は電車が間に合ったけど、俺は大宮からの帰りの電車が無くなってしまったオチdownでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

2000円上限で思うこと

高速道路料金の見直しを巡り、政府・民主党が24日、普通車の上限額を平日2000円とし、土日・祝日1000円の割引を継続することを柱とした新料金の大枠を決定したとのこと。

1000円割引を廃止する方向だったものの、選挙を見据えた戦略に押し切られた感じに収まったらしく、新料金の実施期間は2~3年程度となる見通しとのことだそう。
 
新料金の柱は、普通車を平日2000円とする上限制の導入。
現在、通常料金だと2000円で移動できる距離は約70キロ。新料金では、例えば浦和-青森を移動しても2000円。

トラックについては上限制を採用せず距離別料金とし、通勤・深夜などの時間帯割引を継続。

首都高速と阪神高速は定額制から上限のある距離別制案(500~900円)が決りの方向のようだが、自治体との調整が必要なことから、開始時期は来年5月以降にずれ込むそうで、普通車やトラック以外の料金については来年1月に決定するとのこと。

検討案では、本州四国連絡道路は、平日の普通車の上限をほかの高速道と同じ2000円にした上で乗り継ぎ割引を導入。軽自動車とエコカーは「祝日・土日1000円」を継続し、平日も上限1000円とするそうな。

実際のところ実施されて分かったけどこれは他の交通機関を圧迫しているし、無料化になれば道路の整備の資金を税金で賄うということだから、車を使わない人には損をする中身。

明らかに3年後の衆議院選挙を見据えた政策いうのが見え隠れするし、その間の財源はバラマキに近い。

利用者負担で賄わないと、今の財政状況じゃ難しいのは誰でもわかっていること。そろそろこういった無駄な部分を削るのも検討しても良いと思うけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

分水堂菓子舗@弥彦

2010121714490000
こちらも17日の新潟日帰り旅行の際に利用したお菓子店です。

神社への行きがけでは気がつかず、帰りは徒歩で弥彦駅まで歩いた際に見つけました。お店の前に行列が出来ていたのに気づき、どんなものだろうかと気になったので。

ここのお店の代表するお菓子は『パンダ焼き』と呼ばれる物です。

弥彦では知られたお店なのですが、弥彦のみならず、お菓子のコンテストで1位を獲得したということで、全国的にも知られたお店とのことです。

2010121714500000_2
『パンダ焼き』
は全面が白生地で中身は2種類の餡が入っています。

「大判焼」や「たい焼き」のような生地を想定しましたが、実際の生地はホクホクしたような感触ではなく、餅のような弾力と張りのある生地でした。

中身の餡は「小豆のつぶ餡」と「枝豆のつぶ餡」の2種類で、買うときにはそれぞれのパンダ焼きが2個ずつの「1セット」での購入です。
帰路の弥彦線の車内で両方頂きましたが、外見どおりのモチモチとした食感ですが、「枝豆のつぶ餡」の方はちょっと味が淡白な印象で、俺としては「小豆のつぶ餡」方が好みでしたね。

時間的にも丁度良い「おやつ」で、適度にお腹に貯まるお菓子だったし美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

弥彦温泉・「四季の宿・みのや」

2010121714010000
17日の新潟の旅行の際に立ち寄った温泉です。
旅行業務に就く同期が業務上のリサーチも兼ねた下見に、便乗する形で利用させていただいた温泉です。

『弥彦神社』の入口の周辺には弥彦公園内にある『温神社温泉』を源泉として利用している『弥彦温泉』の旅館街が軒を連ねています。

今回利用したのは『四季の宿・みのや』

2010121713330000
決定した最大の理由は引いている温泉が「源泉掛け流し」で使われていることを謳っていたからです。

実際に訪れてみると別館も備えたかなり大きなホテルであり、本来であれば日帰り入浴は出来ない施設とのことなので、今回利用させてもらえるのは同期の仕事のお陰なればこそ。

同期にも、宿にも感謝をしながら温泉を堪能させて貰わないといけませんね。
温泉そのものは宿の8階にあって、弥彦の周辺を見渡せる展望風呂のようになっています。

時間も時間だからか、お客も俺等だけだったので、広い浴場を独り占めできます。これはかなりの贅沢。

2010121713010000
源泉温度は「47・9℃」「アルカリ性単純温泉」とのこと。「源泉掛け流し」と旅行パンフにはあったけど、内湯は塩素臭が強く実感は出来なかったものの、露天風呂は若干温泉らしさが感じられました。

湧出口に消毒の錠剤も沈んでいたから確認してみると、実際は湯温の安定供給のため、源泉と循環泉との混合泉を使用しているとのことでした。

どちらかといえば露天風呂のほうが温泉感が強かったので、露天を中心に弥彦山の雪景色を眺めながら、1時間ほどの湯浴みを楽しみました。

湯上りの肌触りの感覚はかなり良かったので、時間の都合上じっくり使えなかったのは残念だったけど、肌荒れのしやすいこの時期には丁度良い温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

ラーメン勝@燕三条

2010121712060000
17日の新潟旅行の際に立ち寄ったラーメン店です。
燕三条の駅から程近いエリアにこってり背油系のラーメンの店舗がひしめいています。

鉄工所の多いこの地域に働く方たちの為に考案されたとされる『燕ラーメン』の店舗の一つとして、今回チョイスしたのは『ラーメン勝(まさる)』です。

行った時間も早すぎたので、開いているのがここしかなかったというのもあったのですが・・・。

しかし飲みが先行してしまい、肝心のラーメンを頂くのは最後になってしまったけど、今回注文したのは玉葱が大量に入っている『中華そば』をチョイス。

2010121711480000_2
少しつまみを口にしてもまだまだ食べられそうな感じだったので、大盛を注文します。
出てきたラーメンは背油びっしり、玉葱もスープに沈んでいる感じ。麺は見えなかったけど、油でコーティングされ、熱々のスープの中から出てきたのは極太麺で、実に食べ応えを感じさせる一杯でした。

スープのほうも割とサッパリとしていて、玉葱の効果もあるのでしょうか。
今回初体験の燕ラーメン。様々なバリエーションがあるようなので、また寄った際には違った味も体感したいものです。

『ラーメン勝ホームページ』
http://men-masaru.com/default.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

出来ない操作(滑走1日目)

2010121816460000
かなり遅いスタートになったけど、今スキーシーズンの開幕です。
本日のゲレンデは『鹿沢スノーリゾート』

前職場のスキークラブで一緒に活動していた後輩(年上)からお誘いを受けて、埼玉県スキー連盟の第9ブロック主宰のスキーイベントに参加させて貰えることになった。

2010121808540000
俺は今回初使用のブーツと板を使用しての参加だったけど、イベントの内容が技術指導のため、すぐに板の感覚に慣れないといけなかった。

前の板との違いはサイドカーブが大分違うからか、すぐにエッジが立ってしまうので、ずらしたり回したりするのはちょっとやりにくい感じ。

ボーゲンのみで滑ったけど、板の感覚に慣れないまま講習に突入。
今回は同じ1級レベルの生徒5名と先生の構成。他の講習が軒並み10名前後の構成なので、この人数は適正というべきだろうか。

教わった中身の主題は、「自分から力を加えずに、板の落下に任せ方向付けすること」というのを1日フルに使って教わった。

2010121809150000
この動きは骨盤と内脚が主体になるのは理解できた。この動きがボーゲンだと何とか出来るけど、いざパラレルになると外足が動いてしまって全く出来んわ~。

他のメンバーはほぼ及第点貰えているのに・・・。
午後からはずっと悶々とした状態でした。ただこの滑り方も雪質に合わせた中での技法の一つで、これにこだわる事はないとのことだけど、『脱1級』という点では必要な技術とのこと。

まだシーズン始まったばかりだし、今シーズンの課題として組み込んでも良いかも。
何とかモノにできると良いなぁ。

とりあえずは今シーズンも怪我無しで無事に乗り切ることを目標に楽しんでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

新潟・鉄道の旅

2010121710290000
急遽、同期のお誘いで日帰りツアーに赴くことになった。

どこに行くのか分からなかったけど、前日に新潟方面ということで連絡はあったものの、具体的にはどこへいくかはわからずじまいsign02

当日合流してから、『燕三条』からツアーがスタートということが分かるというノープラン的な出だしだったりする。

『燕三条』は初めて下車したけど、ここから乗り換えの弥彦線が1時間後ということもあり、昼食を兼ねて燕のラーメンを頂くことに。

新潟地方は完全な雪景色となってしまっていた。
駅から徒歩5分くらいの場所にあるラーメン店に開店と同時に入り、昼間っから飲みも兼ねての昼飯になってしまった。

2010121711480000
ラーメンは締めに注文し、出てきたラーメンは醤油豚骨のこってりラーメンに太麺の仕立てだったのは俺好み。
飲んでいたとはいえ「大盛」を頼んでもあっという間に平らげられた。

2010121712480000
時間ギリギリでやや小走り気味にはなったものの、何とか「弥彦線」には間に合い、終点の「弥彦」まで移動します。弥彦までは30分程度の距離。

2010121712490000
終点の弥彦から外に出ると、弥彦山には雪雲cloudが掛かっていたのか、山は樹氷になっていたし、麓の道路も雪snowまみれ。

ちょっと散策を兼ねながら、「弥彦神社」前の鳥居まで行くと、急遽温泉に入ろうという同期から申し出が。

彼は旅行部門の人だから宿のリサーチも兼ねているようで、フロントと交渉して風呂を使わせて貰える事になった。

2010121713400000
利用させてもらったのは「弥彦神社」の鳥居前に宿を構える「弥彦温泉」の宿「みのや」さん。
午後をちょっと回った程度の時間だから、浴場には俺ら以外誰もいないので、ほぼ独占状態flairだったのは大満足です。
2010121714020000

2010121714130000
風呂で凍えた体を温めて宿を後にし、『弥彦神社』へと参詣します。
『越後国一ノ宮』というだけあり、荘厳な雰囲気が感じられるし、近年パワースポットとしても有名だからなのか、お参りしたことで力を分けて貰えたかな?

2010121714500000
駅へ向かう道中で『パンダ焼き』で有名な『分水堂菓子舗』で道中のおやつを購入し、帰路に付くことにします。
弥彦線から越後線経由で新潟まで出て帰ったけど、やや突貫気味でも充分な旅が出来ますな。

車を使うことが好きだから、鉄道の旅もここ最近やっていなかったけど、今日の旅はちょっと新鮮だったな。
機会を作ってまたやってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

シーズン前点検

本格的なスキーシーズン突入を前に車の最終点検wrench

特段不調は見られなかったけど、エンジンオイルの漏洩が一部見受けられたらしい。
流石に12年乗ってきた車だから、そういったガタは出てもおかしくはないか。

ちょっと前に不調が分かったボンネットの部品も交換することにした。

ふとした弾みで閉まらなくなってしまったらどうしようも無いしsweat01
これだけを交換しただけでも点検を受けた甲斐があって、丁度良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

カレンダー

2010121321530000
毎年恒例の登山クラブ謹製のカレンダー作り。

毎度の事だが、OBの方々には郵送で発送するのだけれど、品物が大きいが故にちょっと梱包作業がやりにくかったりする。

以前は20部近くもあったけれど、今はちょっと部数が減った気はするかも。

何とか部数は少なく押さえられてはいるが、これを発送すれば作業は終了なので、何とか早めに作業を終了させなくてはね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

祝賀会

2010121119370000
所属する労組の山岳クラブの主催で、入籍をした後輩の2人の結婚を祝う会がさいたま市の某所で開かれた。

20名近くの参加者が集まり、盛大なパーティだった。

山岳クラブの伝統的ではあるが結婚し・こうったお祝いをされた人は次に結婚した人にお祝いをプレゼントするという恒例的なセレモニーがある。

前回結婚した人は何と5年も前に遡る。
その方は現在は俺の職場で上司だったりするのだが、その方が主賓の2人に花束を手渡してくれた。

次に誰が続くのかということで、俺に振られるのだが、そこは振られてもなぁ・・・coldsweats01

ともあれ、今回ご結婚されたしたN君・T君のご両人結婚おめでとうsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

気付かぬ不具合

2010120816140000
板も替えたのに、いざゲレンデへといった中々テンションの上がらない状況だが、タイヤだけはしっかりと替えなくてはならないということで、実家近くにあるカーショップにて、ようやく冬タイヤへの履き替えを完了させた。

とはいえ4シーズン目のタイヤだし、相当硬くなっているので今年は注意して乗っていかないと、怖い状況もありうる。慎重さsign01がさらに要求されると思う。

ついでにオイル交換も実施したので、今シーズンのスキーシーズンはこれで乗り切れるだろうと思う。

今の車での最後のオイル交換とタイヤ交換になる予定だが、スキーシーズンが終わるこるにはしっかりと準備をしておかないといけないな。

全ての作業が完了して、オイル交換の最後の確認作業中に思わぬ出来事が待ち受けていた。

なんとボンネットが閉まらなくなってしまった・・・coldsweats02

今までこんな事は全く無かったけど、これは予想外の展開で、ショップのスタッフが悪戦苦闘しながら、作業しても全く閉まる気配は無し。

結局部品の交換が必要になってしまい、今日は修理できずなので、代わりに応急処置で補修してもらい、何とか凌ぐことになった。

とにかくシーズンが始まる前なので、早めに見つかって良かったわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

長~い一日

今日は本来の夜勤の後に、仕事に関わる知識の勉強会があったので、残業状態で参加をしてきて、2時間ほど屋外の勉強会をこなした。

この勉強会の後は同僚の面々が同時に顔を合わす事が滅多に無いので、この機会を利用して、忘年会を実施することなっていたけれど、急遽幹事の1人を2日前に頼まれたのでこれにも参加。

この忘年会は上司とのパイプがやや希薄気味というのが俺の職場環境の特徴でもあるので、これを少しでも繋がりが出来ればというのもあったけど、話す接点の少ない上司とも色々と話が出来たので、疲れがピークだったものの参加する意義は大いにあったなぁ。

これは2次会まであったので、終了は16時半頃に。

その後は18時から、俺が関わるチームの会合。これに参加をしてきたが、ちょっと議論が白熱して、通常ならば1時間程度で終了する中身が気づけば2時間半になっていた。

結局今日の仕事が終わったのが朝の9時頃だったものの、全ての用事が終わったのは、21時を回ってしまっていた。
遅くなってしまい夕食は外食にしたけど、食欲が沸かなくて食べきれるのにえらく時間が掛かった気がする・・・。

今日はちょっとハードな1日でしたな・・・sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

晩秋の散歩

2010120212300001
今日の休みを活用して父の墓参へ赴くことになった。

正直、俺も母も運動不足というのが実感としてあったので、親父の眠る霊園まで歩きで行ってみようということになった。

実家から霊園までは直線距離で6km、道中入り組んでいるので、換算すれば8km近くはあるのではなかろうか。

ちょっと遅めな11時35分頃に実家を出発。見沼代用水沿いの歩道を歩きながら、木々の彩りに目を配ってみる。春先は見事な桜並木が広がるけど、イチョウの木も見事な黄色に染まって、秋最後の景色を堪能できますな。

結局霊園へ辿り着いたのは、2時間後の13時40分頃と予想通りの時間で到着。この日の道中の天気は冬にしちゃ少し蒸し暑い状況というのもあって、ちょっと汗ばむsweat01くらいの感じだった。

ただ、墓参をしていると一気に体は冷えてtyphoonしまったけど、帰りは母も歩いて帰る気にはなれなかったようで、バスbusを利用して帰路に付きました。

山以外でここまで長く歩いたのは久しぶりだから、ちょっと運動不足を実感してしまったわ。山に足を運ばないと、鈍ってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

お待ちかねのゲーム

2010120112570000
待ちに待ったソフトがついに発売された~happy02

『モンスターハンターポータブル・3rd』

ソフトのベースは2年前に発売されたWiiの『モンスターハンター3(トライ)』がベースのようだけど、前作『2ndG』要素も織り交ぜながら、新要素も多く搭載しているとの事。

前作も全てを終わらせるのに相当時間が掛かったけど、今回も時間も同様にやりこみ要素は多いから、同様に時間は掛かるだろうと思うが、少しずつ回答を進めていこっとflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »