« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

豊科温泉・湯多里山の神

2011082811360000
28日の安曇野めぐりを終え、帰路に付く前に立ち寄った日帰り温泉spaです。

施設の名は『豊科温泉・湯多里(ゆたり)山の神』といいます。
少し入り組んだ山の中にあり、目だった看板も多くないからか、地元住民に多く利用されている施設のようです。

建物は古民家風の建物で混み過ぎていないというのもあるのでしょうが、落ち着く雰囲気に感じます。

温泉は源泉温度『34、1度』『ナトリウム・炭酸水素塩泉』
加温・循環はしているようですが、お湯そのものの湯使いは良く、塩素臭は感じられないのも良い感じです。

お湯そのものは黄緑色をしていて、スベスベ感が感じられる良い感じflairの温泉です。

「内湯」と「露天風呂」がありますが、露天は日差しが暑かったってのもあるけれど、背後は補強された山肌で、展望の欠片も無いから長居はせず。

湯上り後に畳部屋で涼んだけど、節電でクーラーは停止になっていたものの、山の中の自然風typhoonが良い感じで吹き込んだので、心地よかったですね。

秋口辺りに来訪すれば、お値段も手ごろ(2時間=400円)だしもっと心地よい湯浴みを楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

安曇野・蝶ヶ岳温泉「ほりでーゆー四季の郷」

2011082716370000
28日で終了した今回の登山イベントは、この会場付近のキャンプ場での開催だったけど、山には温泉spaがつきもの。

ということで、27日の蝶ヶ岳下山後の汗を流す為に利用したのが、『安曇野・蝶ヶ岳温泉「ほりでーゆー四季の郷」』です。

安曇野市から奥に入った堀金地区の中にあり、オートキャンプ場やコテージ等、様々なレジャーが複合した施設の集合体の一角にあります。

温泉そのものは『放射能泉』で、天然ラドン温泉とのこと。
微量に放射性物質が含まれ、ラドンの含有量がかなり多い事が成分表からは伺えます。

お湯の色そのものは内湯はやや薄い黄緑色のような感じですが、露天は無色透明。
露天からは天候が良いと「常念岳」が展望出来るそうですが、この日は天気が悪いので拝める事は叶わず。

温泉からは塩素臭は感じられないので、どういう湯使いをしているかは分かりませんが、癖の無い感じのお湯でした。

惜しむらくはイベントの時間が押し迫っていたとのことで、長く浸かっていられなかった事でしょうかsweat02

キャンプ場の利用だから分からなかったけれども、他のコテージとかを含めても、個人的には泊まってみたいと感じるお宿でした。

※安曇野・蝶ヶ岳温泉「ほりでーゆー四季の郷」公式HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

巡るシンボル

2011082822490000
無事安曇野・蝶ヶ岳を舞台にしたイベントも無事に終わったけど、来年の担当は俺が責任者を預かるチームが担当sign01となる。

山をどこにするのsign02ってとこは、正直構想等はあれど、まだ決まっていないし、時間も余り無いので、早めに決めなくちゃいけない。

今から8年前、このイベントを担当した時受け継いだハーケンを模した『銅製のシンボル』が再び俺の手元に戻ってきた。

久々にお目に掛かる代物だが、いやに重くのしかかる様に感じるのは気のせいか・・・。

この1年が勝負どころですな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

安曇野周辺めぐり

2011082811120000
登山イベントは午前8時半には終了。

その後は帰路に付くだけだけれど、このまま帰ってしまうだけでは勿体無い。幸い車で来ているので、折角だから色々と巡ってみることにします。

ちょっと俺の趣味に先に付き合ってもらい、道の駅巡り(ほりがね・松川・池田)のスタンプラリーを済ませます。
その間に先輩は地元の野菜を大量購入sign01していたな・・・。

2011082810310000
巡ったのは、2年前の『家族旅行』で訪れた『大王わさび農場』
久しぶりの再訪で、園内の要所要所を見るたびにちょっと感慨深いものがあります。

ここで頂くのは、名物の「わさびソフト」。
以前の旅行で既に「わさびコロッケ」は頂いてあったので、今回はこちらを選択。

基本は濃厚なミルクのソフトクリーム。味の一部にわさびの刺激を感じるけど、味わいはとってもマイルドです。

2011082810420000
前回は10月に来たので、あまり実感は湧かなかったけれど、今回はえらく蒸暑いupので、わさび園の清流typhoonがとても心地よく感じます。

2011082811100000
ここの運河の河岸にはNHKの朝の連続小説「おひさま」で使われたセットが解体の状態のまま残されています。
晩年の主人公の住居として使われたそうで、沢山の人だかりdashが出来てましたね。

2011082813500000
この後は豊科の温泉で汗を流し、お昼は信州の名物といえばお蕎麦でしょうsign01

「更科蕎麦」か「田舎蕎麦」の二種類が選択できたけど、麺が太目の「田舎」を選択したので、コシが強く、つい食べ過ぎてしまったなsweat01

帰路の距離rvcardashがあるので、今回の散策はここまで。
「道の駅巡り」や、「観光・温泉」「地元の名産を頂く」と、十分に寄り道を満喫したので、慌しくても、十分な旅行を楽しめましたflair

しかし、最後のツケbombとして「上信越道」と「関越道」は渋滞まみれだったから、帰着が20時半とえらい時間が掛かってしまったわ・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

蝶ヶ岳登山

2011082705350000
今回の登山行事の登山対象は『蝶ヶ岳』
安曇野からのアプローチなので、歩行時間は9時間を越える中身のハードな行程。

Rimg0045
三股駐車場から5時38分、登山を開始dash

Rimg0046
始めは平坦な登山道が20分程続き、豊かな沢を越えて、「常念岳」との分岐を超えると次第に傾斜を増してきます。ここからが厳しい登山のはじまり。

Rimg0052
延々と上り坂を登ってゆくと、対岸には見事な『常念岳』とその稜線が姿を見せます。
見事な光景ですhappy01

Rimg0070
スタートから2時間後の7時22分に「まめうち平」に到着ものんびりせず、すぐに出発です。

Rimg00551
そこからは間断なく延々と上り坂upが続きます。
道中には沢が1箇所あったのが救いだったけど、この登りには体力を浪費sweat01しますな。

Rimg0057 Rimg0058
Rimg0067
登りつめること4時間余りで山頂付近の植物の群生に出くわします。
色とりどりの高山植物が花を咲かせています。猛毒のトリカブトも普通に咲いていますな。

Rimg00611_2
そこからは10分程度で山頂に到達しますflair
10時22分の登頂で、トータル4時間44分。かなりハードなコースでした。

Rimg0065
Rimg0066
道中からガスが昇ってきているから嫌な予感はしたけど、山頂からの眺めはガスまみれで「槍や穂高」の展望は得られずdown
雨が降らなかっただけマシだけど、今回は残念な結果だったかな。

Rimg0072
後は下山するのみdash
登りが4時間も掛かっているから、下りも3時間近く掛かったけど天候が崩れる事も無く、「14時42分」に三股登山口に無事下山。

山の展望が良くなかった反面、途中から望む「安曇野」の展望が良かったのが、ちょっとした収穫だったかなflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

長野へ移動中

2011082612210000
今日から長野・安曇野で行なわれる登山行事に参加するため、道具を積み込み早朝から移動を開始flair

しかし登山靴coldsweats01を忘れたりとかで、1時間ロスしてしまい急ぎの移動になってしまったsweat01

道中嫌な雨の降り方になってたけど、果たして登山の天気は大丈夫だろうかsweat02

久しぶりに「横川SA」に到着したけど、リニューアルされて雰囲気が大分変わっていたのには驚いたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

那須の職場レク

2011082512300000
昨年も実施され、行けなかった職場のレクリエーションflair

今年は参加可能な条件が揃っているうえに都合も良かったし、参加することに。
今回の会場は昨年と同様、「那須」にある釣堀と温泉完備の『那須フィッシュランド』

バーベキューをやりながらの職場親睦が目的なのだが、俺の職場はセクションごとに妙な区分けが出来ていて、セクションにバラつきがあると居心地が悪くなる。

俺のセクションは異様に少なく、他のセクションが圧倒的に多かった。

ちょっと居心地の悪さは感じたのだが、そこは分かる人と話して過ごせば良かろう。

2011082514110000
合間に釣堀で鱒釣りfishを楽しむ。
餌は「イクラ」だったのだが、入れ食い状態で二回やって簡単flairに釣り上がったな。

2011082515100000
釣りは他のメンバーに譲って、園内を散策dashrun
清流が多いので、もう少し時期が早ければ「ホタルshine」を観賞できたらしい。

昔会社のイベントで使ったことがあり、下見に来た事があったけど、それは10年も前のことになる。
ちょっと懐かしさも覚えたね~catface

気長に過ごせたけど、寝不足もあったし、ちょっとやりにくい感じで、もう少し知り合いが多かったほうが良かったかも。

しかも温泉spa『源泉掛け流しflairだったのに入り忘れてしまった・・・ちょっと無念だったかもdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

じねん坊@富士宮市

2011082211250000
22日の富士山登山の前に、富士宮出身の後輩が案内してくれたお店です。

お店の名前は『じねん坊』といい、「お好み焼き』と「富士宮焼きそば」を一緒に提供していて、富士宮では良く見られるスタンスのお店のようです。

お店そのもは全てお座敷flair
登山前というのもあって、靴を脱いで頂けるのはありがたいです。

鉄板を使う・使わないといったお店によって異なりがあるのでしょうが、お好み焼きを頼まないと『富士宮焼きそば』を頂けないというお店もあるようです。

ここではそういった事は無く、普通に個別に頼めます。

2011082211070000_2
焼きそばの具は肉・エビ・ミックスといった素材が選べ、今回はミックスを選択します。

出てきた焼きそばは、独特のコシの強さがあり、ソースはちょっとまろやかに感じますが、「焼きそば学会」の基本的な味よりも濃厚でしょうか。

少し量が少なめに感じたので、もうちょっと増量upして良かったかも。
時間にもうちょっと余裕があれば、お好み焼きのほうも頂いて見たかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

忍耐の下山(富士登山2011)

Rimg0035
就寝直前までは見事な夜空shineが広がっていたけれど、気が付けば厚いガスcloudに覆われていた。

起きる頃になれば晴れるだろう、という目論見は脆くも崩れ去ってしまった。

外を覗いてみると、昨日の登山時よりも激しい強風typhoonが吹き荒れていた。

しかも視界状況も昨日より遥かに悪い。

このような状況で山頂に向けて登山している方もいたが、相当寒そうだった。

この段階で俺としては下山の判断だったが、暗すぎて危ないという先輩の判断でしばらく様子見ということにしたが、時間が経過するにつれて雨も降り出してきた。

登ってくる若い登山者もいたが、皆装備不足で完全にずぶ濡れになっていた。

小屋ではネットが繋げるため、雨雲レーダーも判断材料になったが、雨雲の通り道になっているため、回復はほぼ見込めない状況downだった。

こうなってしまっては登山を継続しても、体力の低下を招くだけで、遭難の可能性もあるから、危険と全員が判断できたようだ。

そこからは雨風raintyphoonに巻かれての下山となった。

ひたすらに雨に打たれ続けての下山はかなり酷な状況だったものの、富士宮コースは短い為に3時間程度で無事に下山することが出来た。

最も最悪な状況downを経験したのだから、今回のメンバーはちょっと天気が悪くても、気持ちが折れる事は無いだろうと思う。

Rimg0021_2
Rimg0025
来年のリベンジも全員が決意したので、来年は是が非でも『2年前の富士登山』のように見事な夜景・ご来光を拝んでみせるぞsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

富士登山2011

Rimg0012
現職場の有志が集まり、富士登山に出発。

昨年も参加エントリーしたのだけれど親父が亡くなったこともあって、参加を取りやめた経緯があるので、今回は是非とも参加をしたかった。

前回は『吉田口→須走口』だったそうだが、今回は『富士宮口→吉田口』とのこと。

当初天気はちょっと良くなく、中止も検討されていたけど、多少の回復傾向が見込まれるとのことで、行程を決行ということにdash

道中は雨だったけど、富士宮に到着すると雨も上がり、雲も上へと流れていくので多少は回復の期待がshine

2011082211070000
名物の富士宮やきそばを頂いた後、富士宮5合目から登山がスタート。

霧雨交じりの雲が流れている状況だから、ちょっと濡れるタイプの環境で、俺としてはちょっと苦手な環境。

Rimg0015
少しだけ雲の合間から、『宝永山』が顔を覗かせた。

Rimg0021
そして『元祖7合目』付近までは、天候が良かったのだが、天気が良かったのはそこまで。

後は上へ上がるに連れて、ちょっと雨風も強化されてきた感じで、ただ濡れ、強風typhoonにさらされる一方だったわ。

Rimg0030
8合目を過ぎた辺りで、ようやく天候回復の兆しflair
覆われていた雲が晴れ、見事な夕焼けを拝む事が出来た。

2011082305280000
今日の宿は9合目の『万年雪山荘』
夜半には満点の星空も見る事が出来たし、明日は少しでも晴れてくれるだろうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

快適な職場環境

2011082101450000
秋雨前線が絡んだかもしれないが、今までの暑さが嘘のような涼しさnote

3日前の日記では『常時サウナbombと職場環境のことを評したけど、10度以上downも下がると驚くほど快適sign01な状況になる。

1日の仕事が本当に心地よすぎて、最高だったなgood

長くなくてもこんな環境がちょっとでも長く維持されると良いのだけどcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

歯科治療の終了

5月からスタートした歯科治療が、この日の治療をもってようやく終了~happy01

スタートは上の両奥歯にあった「親知らず」が口内の皮膚を傷つけるimpactことから始まった。

そうして始まった治療だったのだが、気が付けば「2本の抜歯」と「9本の虫歯」の治療という凄まじいの範囲の大掛かりな治療wrenchとなってしまった。

中でも18歳の時にやった左奥歯の古傷の治療がことのほか、長引いたのが影響しているのかもsad

この間、歯磨きに掛ける時間が、今までに比べてかなり延長upしたと正直思う。

俺からすればかなり意識を変えたような気がするが、結局歯科医からは磨き方に関して、及第点はとうとう出なかったなcoldsweats01

次回は1年後に定例検査という事だったけど、また大掛かりな工事に遭わないように、キッチリと「オーラルケア」だけはやっておかないとsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

減量対策の成果

7月に『とある健康食品』を用いて、自分自身で実験を試みてみた。

途中で飲み方が間違えている事を姉から指摘されたものの、その後は順調に飲み続けていて、丁度1ヶ月経過したので、ここで現状把握flair

スタート時→74kg、BMI=23%

現在→72.9kg、BMI=20%

と、大きな変化はみられない。

これくらいの範囲だと以前俺が靭帯を断裂する前にやっていたトレーニングの範疇で落としていた領域よりも程度は低い。

しかし、多少暴食したときがあっても異常な体重増加は見られなくなったこと、お通じが異様によくなったのは小さな変化と言うべきか。

まだ1ヶ月程度の話だから、これから飲み続けてみてどういう変化となるかは、ちょっと俺自身も楽しみではあるかなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

サウナの如き職場

俺の執務場所は物凄く熱のこもる灼熱upの労働環境。

夏になってからというもの、平均で『32度』を叩いているが、今日は一時『36度sign01を突破した。

外との違いとして、同じ屋外でも外壁と外壁ガラスがあるからか、空気の流動が無いから酷く暑くなってしまう。

勤務中は多くの車が到着するが、その車の発する熱が空気typhoonの流れに乗って排出されないから、熱が滞留してしまうというのが、職場環境の悪化の原因。

今日は凄まじい暑さだったからか、ちょっと水分補給bottleが追いつかない感じで、ちょっと眩暈を覚えてしまったsweat02

まだまだこの暑さは続きそうだから、体調管理は要注意だな、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

疎通にならない不満

母の投薬副作用の軽減と精神的なケアを目的として、「緩和ケア」に取り組もうとしていたのだが、それを実行するには主治医の判断が必要だった。

しかし出された結果は主治医からの判断どころか、予想外な2件の訪問看護の医療機関を紹介された。

しかしそもそも「緩和ケア」は対象病院内に存在するものであって、外部の病院にあるものではないのが基本ともいえること。

俺の母が世話になっている病院へ以前に電話で確認をしたのだが、俺の母の掛かる病院ではこの「緩和ケア」は病院の外来診療で存在をすることは確認できている。

しかし、緩和ケア外来から主治医に連絡が行っている筈なのに、そんな話が出てくるのはちょっと意外でもあるし、首を傾げざるを得ない状況だった。

病状の細かい部分の中身は主治医しか知らない。

主治医から患者の状態、家族からの情報をもとに緩和ケアの医師が連携を取って、治療やケアを円滑に進めていくというものなのに、なぜこういう判断になってしまったのか・・・正直理解できんgawk

主治医に対しては、前から不満が募る対応が多かったし、俺からも指摘を続けてきたけど、今回も何だか勘違いしているのではなかろうか。

母の掛かりつけ病院だけで本来なら済む事なのに、手間を掛けさせられる事態が余りにも多すぎる。

面倒なことだが、折を見てまた話を聞きに行かなければならないなdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

AJF2011・最終日

2011081316120000
祭りの3日目も再びお台場へflair

今日の演目は特撮やロボット系といったものに捉われない「オールジャンル」の演目、『アニソン魂』で、AJFの中では最も『博打度sweat01の高いライブだったりする。

出演者の中身にもよるが、その出演者がどんな曲を披露するのか全く分からないsign02からだ。

冬にもこのライブが開かれて観たけれど、分からない曲数、余りにもマイナーな曲が多く、ライブ向きな曲は1曲sign01のみという歴代見てきた中で最低な演目だった。

それ以来、冬のライブは行かないようにしている。

夏は比較的出演者が多いはずなのだが、今回は出演者が少ないし、今回のライブは目新しい人は一人のみ。
ちょっと不安要素sweat02の多い予感は感じていたように思う。

結果的には初参加・馬渡松子さん(幽々白書のOP・「微笑の爆弾」を歌った方)が2曲を歌ったけれど、今まで歌っていなかったからか、高音が出なかったようで聞くに堪えない感じ。

他のアーティストの曲もちょっとマイナー系が多く、ライブ向きな曲は少なかったし、7割が分からなかったという状況だった。

俺はまだしも、後輩はちょっと辛そうだった印象だったようで、今回はちょっと失敗sweat01かも。

この演目に関して言えば、誘う時は出演者を確認flairしてからのほうが良さそうな気もしてくるなthink

これで3日間の祭りは終わり。
また気合入れてこの暑さを乗り切るとしようsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

AJF2011・スパヒロ魂

2011081316130000
夏祭り2日目は「お台場」へ。

といっても「コミケ」ではなく、毎度恒例のコミケ時期にぶつかるAJF(アニメ・ジャパン・フェス)のライブにいつもの面子で参加。
当然前職場の仲間も昨日から連続で参加中dash

そもそもは俺が巻き込んだとはいえ、毎度望んで来てくれるのでありがたいこと。

今日の演目は「特撮ヒーロー系」の主題歌・挿入曲を主体とした『スパヒロ魂』

何度か行っているけど、この演目が一番盛り上がるし、熱い曲目が多いと正直思っていた。

予想通りライブの後半は即席の「JAM Project」が混じった為、激しいup内容で実に満足感のある曲目が目白押しsign01だった。

巻き込んだ後輩達も知っている曲が多かった事もあり、ここ数年のライブの内容からすれば、大満足のライブだったみたい。

俺も久しぶりの大当たりだと感じられるライブでしたわ。

11月に2年に一度のライブが1年前倒しでやることが決まったらしいflair

次のライブはこれに決まりだが、後輩達も楽しみなようで次が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

ゴーカイ&オーズ・夏映画

2011081213520000
前職場の特撮好き面々の3日間に渡る『夏祭り』がスタート。

その初日は今回公開の『ゴーカイジャー』『仮面ライダーオーズ』の2本立ての映画から。

毎度のごとく「ゴーカイ」の扱いはTVと同じ程度の時間設定なのに対し、今回の「オーズ」は出演者にマツケンを出演させたり、上映時間が1時間と扱いが大分違うね。

内容的にも「オーズ」の方が、盛り沢山の内容だったように思う。

しかし上様(マツケン)は獅子奮迅の強さなうえに、仮面ライダーをお庭番扱いsmile

所々で懐かしいネタが散りばめられていて、どう考えても子供には分からんネタsweat02が満載だったけど、今回のオーズの映画は観賞ターゲットが俺ら世代向けな気も。

昔の土曜8時の「暴れん坊将軍」を、生で見ていた世代としてはちょっと笑えたな~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

安田屋・日野田店@秩父市

2011081012420000
昨日の下見に望む前に、昼食に立ち寄って頂いたお店です。

小鹿野にある「わらじカツ丼」で有名な『安田屋』の支店で、西武秩父駅から程近いところにある「日野田店」です。

お店そのものは、ちょっと子じんまりとしていて、外観からして行列になっていないと営業しているか?と思えてしまうほど年季flairの入った外観となっています。

タイミングが絶好だったようで、俺らが入店したと同時に席が開いたので、すぐに注文する事が出来ました。

名物のわらじカツ丼は2枚まで載せる事が可能なようですが、お隣さんのカツの大きさを見て、1枚で断念downすることにしました。

ただ、このカツはテイクアウトsign01も可能なようで、食べられなければその日のうちに食べる事も出来るのですから、ありがたいサービスでしょう。

2011081012300000
そうこうして待っていると、出てきた『わらじカツ丼1枚乗せ』(650円)。
見た目どおりのボリューム満点ぶりで、わらじカツは肉をしっかり叩いて余分な脂を落としているのか、思ったよりも中はさっぱりとした食感です。

タレは関東人好きな濃い味付けで俺好み。
美味しく頂きましたが、カツのサクサク感は失われている印象でした。

それでも食べ終わる頃にはかなりの満腹感dangerで充分に満足のいく昼食となりました。

小鹿野の本店では、「味噌汁」と「漬物」は付かないsweat01との聞くので、ちょっとお徳感はありましたねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

小鹿野ハイキング・現地踏査

2011081014140000
9月に職場の同僚とでハイキングを計画dash
といっても後輩が主導して計画してくれたので、俺はほぼ手伝いだけという感じになってる。

後輩が選んでくれたのは小鹿野周辺を含んだ『般若の丘ハイキングコース』で、西武鉄道の選定するハイキングコースにも含まれているのだとか。

Rimg0005
今日のスタート地点は、秩父札所の32番『般若山・法性寺』から。
このお寺の奥の院にある『お船観音』のあるところが、最初の目的地でもあり、本番でのメインコースともなる場所。

Rimg0006
見事な門構えだけど、入口には山号ともなっている『般若』の面がお出迎えsweat01
う~ん、何とも迫力満点sign01な面構え、夜には見たくない気もcoldsweats01

Rimg0009
ここから本堂を抜けたところから、お船観音に通じる『奥の院』への入口。
始めは緩やかでも、段々傾斜が増してきて、所々で鎖場が見え隠れするような場所もあり、修行場の雰囲気とちょっとしたスリルsweat01も味わえますな。

Rimg0010
30分ほどで最後の核心部分dangerに突入。
急傾斜の登山道に鎖が掛けられていますが、ちょっとした高度感が。
ここ最近こんな場所を歩いていなかったから、異様な緊張感を強いられますな・・・。

Rimg0011_2
ここを登りきると奥の院の一つで、大日如来が祀られていて、ちょっとした展望台にもなっているようで、展望は暑さで霞んでるけど見事な景色cameraです。

Rimg0012
下を覗けば、先に降りた後輩が待機中flair
見下ろせばかなりの高度感、初参加者の面々は果たして大丈夫だろうかcoldsweats01

Rimg0014
下って5分ほど歩くと、『お船観音』と呼ばれる『観音菩薩』の像が現れます。
ここもかなりの好展望が得られ、スタート地点の法性寺が遠望できます。

Rimg0015
さらに別角度では秩父のシンボル、『武甲山』の展望がバッチリshineです。

これで今日の登山の下見はおしまい。
たかだか1時間程度のハイキングだったけど、暑さupというハンデがあるとはいえ、ちょっと運動不足downを痛感する下見になってしまった。

本番や今後の登山のスケジュールを考慮していても、何とか鍛えておかないと・・・sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

炎天下の野良作業

2011080918220000
夜勤後に自宅ヘ戻ると、この暑さもあってか雑草が異様に延びまくりup

このままだと、6月の時のようにまたお隣さんの方に介入されてしまうので、ちょっとこちらで手を打たないとsweat01

てなことで、35度sunを越える状況ではあるけど、雑草処理の作業に取り掛かる。

庭は大きくは無いけれど、母がこういった野良作業が全く出来なくなったから、全て俺で片付けなくてはならない。

家の外に親父や母が植えたであろう植物も自生しているので、その部分も含めると、結構な範囲になるなcoldsweats02

午後13時頃からスタートして、完了したのは15時頃の2時間あまり。
片付いた後の状態は上記の画像のとおりにスッキリ状態shine

2011080918210000
汗ダラダラで終えると、雑草の量は45リットルのビニール2袋sign01になった。

早めに手を打たないと正直毎度のごとく大変だわな。
除草剤とかは撒きたくはないけれど、雑草の伸びを多少でも抑える方法はないものかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

自覚をうながすには?

夜勤明けで戻ってみると、母が混乱した状態で迎えてくれたcoldsweats02

昨日病院で貰った薬の処方箋が行方不明ということがその理由。
連れ添った親戚や姉の話では、その処方箋の薬そのものは整腸薬らしいから、無くしたとしても大した部分ではないのだが・・・。

無くしたと言う事だから、姉や病院に確認をしていて、ふと冷蔵庫を見ると、そこには無くしたと騒いでいた処方箋がそこに貼り付けてあったsweat02

その時におもむろに玄関から誰かが来たような音が。
様子を見てみると、昨日母を病院に連れて行ってくれた親戚の叔父さんと叔母さんが訪ねて来てくれた。

話を聞くと、処方箋が無いと言う事で泣きながら親戚の電話に連絡をし、来てくれと呼び出したらしいannoy

何だか、がっかりな気分になったdown
入院時に騒ぎになった出来事と同じ事を繰り返す結果になってしまった。

退院してから2ヶ月が経過しようとしているし、体は1回目の化学療法が終了して体調も1週間経過してほぼ元に戻っている。

にも関わらず、自分で出来ることはやろうとせず、親戚にすら甘えきるという要素はあまり変わっていない。

前に進むためには自身の病気に対するという「認識」と、立ち向かう「強い意志」を少しでも持つ事が本当に大事なことなのだが・・・。

とにかくその目覚めがないうえに、病気よりも精神的な部分の改善が見られないから、出口の見えない状況に陥っている。

どうしたら自覚を促し、気持ちを前に持って行けるのか。
改善できないままこの調子で続いてしまうのか、正直先の見えないままというのは不安が大きいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

朝の一品

2011080410000000
今朝の朝食の後に、昨日のお出かけで同僚から頂いたケーキを頂きます。

それは最後に立ち寄った『ハイジの村』の施設店舗「カウベル・カフェ」で販売されている『おばあさまの花ケーキ』という商品。

その名の通り「花」をイメージしたようなデザインで、ケーキの生地もふわふわで、美味しく頂けました。

ちょっとした長期の休みの中日で、仕事が休みだったからかというのもあるけど、たまにでも余裕を持てる時間があるのはありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

真夏の高原地へ

2011080314180000
現状でちょっと気分の滅入る部分が多々あって、気分転換が欲しいと思っていたところだったが、同僚との都合が合ったので、車rvcardashを使って足を運んでみることに。

今回は八ヶ岳山麓の『清里高原』

真夏の暑さも戻った事もあって、足を運ぶには丁度良い場所だった。

最初に立ち寄ったのは、清里開拓のシンボル『清泉寮』
忘れてはならないのはここの名物でもある『ソフトクリーム』を頂く事。

前回は去年の秋頃にこの付近へ立ち寄ったけど、時間切れで頂く事は叶わなかったのだが、今回はこの気温にピッタリ。
実に脂肪分が濃厚でじっくりと堪能しましたね。

ちょっと周辺の施設も歩く事にしますが、天然記念物『ヤマネ』の生態を研究した「ヤマネミュージアム」を見学したり。

2011080313490000
付近には30分程度の散歩道も用意されていたので、森林の心地よい気分を感じながら気軽な散歩run
途中開けた牧草地は高原の心地よさを一層感じさせてくれます。
もうちょっと天気が良ければとは思ったけど、それは贅沢か。

2011080315220000
その後は以前にも立ち寄った場所へ、ちょっと寄り道をしながら移動rvcardash
しかしちょっと夕立thunderの雲に追い立てられていたような・・・。

2011080317550001
色々と巡って、最後に立ち寄ったのは「山梨県立フラワーパーク」こと、『ハイジの村』
ちょっとしたテーマパークのようになっています。

2011080317440000
その名の通り「アルプスの少女ハイジ」のアニメの舞台とリンクした設備が整えられているようで、夏休み期間もあって夜間の演出もあるようでした。

2011080319020000
この時期限定のようで、キャンドルで周囲を照らし、幻想的な雰囲気を醸し出すイベントなんだけど、ちょっと雨rainにやられて消えた箇所もあってか、ちょっと台無しにされてしまったのは勿体無いですね。

ちょっと強行軍なスケジュールで進めた一日だったし、運転中に反動sweat02がと来てしまったけれども、自然をじっくり楽しめたし、満足な1日でしたflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

昔からの夏祭り

2011080217150000
夕方からの会議に備え、早めに会場となる大宮にある施設の会議室へと向かいます。

夕方に大宮駅へ出るとこの日は大宮駅東口の夏祭りが実施中。

昨日は西口で開かれていたらしい。

大宮の夏祭りなんて、子供の時以来で、少しでも観られたのは久しぶり。

2011080217210000
会議が無ければ、もうちょっと観たかったけど、今日はちょっと残念ながら10分程度で断念となった。

また次の機会に見れると良いのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »