スポーツ

2009年6月17日 (水)

自力の差が出た試合

仕事の途上だったが、休憩時間を活用して、後半6分くらいからW杯サッカーsoccerのアジア最終予選、オーストラリアとの最終戦をTV鑑賞した。

前半で得点したであろう、闘莉王の得点シーンは見られなかったのは残念だったが、本当に危ないシーンはあれど、何とか踏みとどまり、そして試合運びも見ていて、少し安心感のをもって鑑賞できるものだったように思う。

比較の対照はあくまでも、前々回のウズベキスタン戦と、前回のカタール戦。

どちらも良い試合運びとは言えない、汚点のような試合だったので、今回の試合はパスの精度と速さも過去の2試合と比べれば、格段に良い内容だった。

集中力が切れてしまったのか、ケーヒルの同点ゴールを許してから、2点目を奪われるのはそれほど時間が掛からなかった。
そのまま逆転負けを喫してしまったのは、何とも勿体無い。

サッカーには詳しくないが、後半の日本は中盤では負けてはいなかったようには思うものの、ゴール前での決定打に欠けてしまう事。
片やオーストラリアは少ないチャンスを正確にモノにしたゲーム運びが際立った。

両得点ともケーヒル1人にやられてしまった感じだが、日本チームには無いもののヒントをケーヒルは見せてくれたように思う。

見ていて思うのは、日本の攻撃のパターンが、常に同じような組み立て方が目立っている気がすること。

センタリングを上げても、高さの勝るオーストラリア選手には敵わないので、素早く低めのボールをゴール前に出し、FWが出来るだけ早めに受け取れるように動かないと、少ないチャンスも生かせないだろうなと感じています。

予選も組み合わせ次第では、今の状況だと予選突破も厳しい情勢でしょう。

このゴール前の組み立てを早めに確立して、チャンスをモノに出来るようなチーム作りを、岡田監督には頑張って欲しいものです。

今後の強化試合で成果が発揮されるように、予選での反省点を生かして欲しいと思わずにはいられないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

偉大なプロレス選手の訃報

昨日の紫陽花めぐりに向かう途上で、駅の売店にあった新聞の見出しがちょっと気になっていた。

それが、「プロレスリングノア」の社長を務める三沢光晴選手が、試合中の事故で一昨日に亡くなったという訃報だった。

ちょっと俺も信じられなかったが、対戦相手のバックドロップが受身を取れないまま入ってしまい、そのまま意識を取り戻す事無く、亡くなられてしまったそうです。

三沢選手といえば、全日本を支えた四天王の1人ですが、俺が子供の頃は全日本と新日本の2大巨頭がせめぎ合っていた頃で、俺は新日本が好きだったので、その頃は良く分かっていませんでした。

三沢選手を良く知ったのは、馬場さんの死後、オーナーとの対立からノアを設立し、社長兼選手として、活躍を始めた頃からでした。

現在となっては、他団体との垣根を越えた交流を通じて、今のプロレス界を支えていた顔の一人だと思いますし、選手を大事にしつつ、明確なプロレス哲学を持ち、「経営者」としての才能だけでなく、プロレス界を牽引する「選手」としても、常に強い印象と存在感を示し、輝きを放っていたという印象があります。

そんなプロレス界の中でも、高い受身の技術を持っていたという評価がなされていた三沢選手が、事故のあった広島の大会では意識が朦朧とした状態で、リングに上がっていたという観客の証言が聞かれています。

今年のTV放映が打ち切られ、多くの団体が乱立するプロレス団体の中を生き残るために、経営者としての努力だけでなく、看板選手としても、相当な無理をしてきたのではと感じます。

過去にはFMWの冬木選手やZERO-ONEの橋本選手といった、強烈な個性を放つ選手がこれから、という時に無念の病に倒れてしまった事がありましたが、今回もまたそれに匹敵するような出来事で、残念でなりません。

この種の事故が、かってプラム選手の死亡事故以降、かなり増えているそうで、根本的なものとして、こういった事故を防ぐ為の対策と体勢作りをしっかりと作っていって欲しいです。

今も社長と選手を兼任する選手は多くいますが、伝統のプロレスの火を消さない為にも、今回の三沢選手のケースで考えられる、疲労の蓄積による事故という結果を今後も招かないようにもして欲しいと切に願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

薄氷の最終予選

この日の仕事が終わった出先の事務所で、サッカーW杯の最終予選『日本VSウズベキスタン』の一戦が放映されていた。

仕事が終わるのが遅かった為、時間的に後半からのTV観戦となったが、とにかく安定感に欠けた試合運びに、観ていてちょっとハラハラsweat01する展開だった。

結果は何とか日本の勝利で、4度目のW杯出場が決まったが、アウェーでもあり、審判が対戦相手寄りの判定で、公平性を欠く中での勝利は意義が大きかったと思う。

しかし、攻撃がゆっくり過ぎる印象だった。

少しでもボール運びを早く回さないと、相手の守備が完成してしまって、壁に阻まれ攻め手を欠くような場面が何度か見られた気がする。

残り2試合のカタールと豪州との試合は、先を見据えた意味で、スピードと正確性を持った試合運びが出来るように、展開を組んで欲しいものです。

オシムサッカーではないから、岡田監督の方針じゃ、それはちょっと難しいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

ぶち壊しのゲーム

今朝もウオーキングからの1日。

黄砂が吹き荒れた昨日に比べれば、今日は穏やかだったし、昨日よりも距離を伸ばしたからか良い汗をかけたな。

昼からは本題の「WBCの日韓戦」をテレビ観戦した。

初回に制球難やエラーによって、3点を取られた段階でちょっと嫌な予感がした。
まさに3月9日と同じ構図で。

先発のダルビッシュがその後、尻上がりに調子を取り戻しただけに、その奮起に答えて欲しかった。

日本の打線が全く闘志というか、是が非でも点を取るという「ガムシャラ」さが感じられないのも不満だったな。

とにかく問題は8回の継投場面での首脳陣の采配ミス。

韓国4番の敬遠策は良いが、俺はそのまま涌井が投げて良かったのではと思う。

また交代した岩田が制球が安定せず満塁になった段階で、交代をすぐに入れるべきだった。

あとを引き継いだ田中が今日の中継ぎ陣の中で最も思い切りが良かっただけに、判断が遅かった事が非常に勿体無いと思う。

今日の試合は9日のブログにも書いたが、中継ぎ投手陣の無駄な四球の多さがまたも如実に出たうえ、首脳陣の采配も相まって、日本が『自滅』し、ぶち壊してしまった印象が強かったな。

四球の多さは関しては是が非でも修正をしないと、今後は勝ち抜けないと思う。
特に韓国のような投打が強力なチームには自滅を呼ぶだけ。

今日の試合は俺もそうだったけど、野球が詳しい人ならば俺以上にイライラが募ったゲームではなかろうか。

明日のキューバ戦はどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

残念な結末

今夜もまたテレビの前に釘付けとなった。

予想通りだったけど、日本対韓国のWBC東京ラウンドの決勝戦は実に見ごたえがあったな。

1対0の敗戦と惜しかったが、韓国投手陣の前に見事に押さえ込まれた感があったから、どう崩すかが次回対戦するときの課題になるのでは。

昨日は失点は1と、投手陣が踏ん張ったのもあるが、フォアボールが多い日本投手陣の課題を相手に突かれ、結果痛い失点に繋がってしまったと思う。

そんな試合の中で、俺が感じる昨日のMVPは城島ですな。
韓国先発に押さえ込まれた日本の中で一人だけ2安打を放ち、守備も冷静にさばき、危機を防いだ印象が強かったから。

原監督の9回裏の?な采配もあったが、投打の課題を修正して、次回からの第2ラウンドで生かして欲しいって思いますね。

前回大会も2位からの優勝だから、日本代表の今後の相手はキューバ・韓国を初め厳しいけれど、奮起して頑張って欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

WBC開幕戦

在宅治療の今では本以外じゃテレビがささやかな楽しみとなっている。

今日からWBCの東京ラウンドが始まった。

今日の試合は中国との対戦。
前大会ではコールドゲームとなる二桁の圧勝だったと記憶している。

今回はどんな展開になるのか、野球に詳しくは無いが、興味があるな。

俺の職場でも7日の試合(韓国戦に間違いないと予想)を購入してでも見に行こうという同僚や先輩がいたのを聞いたことがある。

今日の試合は7日の試合を占う上でも大事な試合だと思う。

結果は4対0で日本が勝利したが、投手陣はダルビッシュが光ったものの、あまりに打線が繋がりの無い状態で、7日の相手が韓国ならば不安材料だな〜。

イチローの不振も気になるけど何とか復調して欲しいし、韓国とはおそらく2試合連続になるだろうから、どちらも勝利して欲しいと思う。

ささやかな楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)