食べ物全般

2013年1月23日 (水)

青島食堂・曲新町店@長岡市宮内

2013012213000000
旅行後に同僚の提案で長岡へ。
そこから在来線で一駅戻った宮内駅にあるラーメン店が『青島食堂』です。

駅前に店舗がありますが、少し混んでいる感じだったので、少し歩いたところにある「曲新町店」へ向かうことにします。

ここも大変混雑していたものの、席をバラバラに座ることで早々着席できたので、早々に注文しますflair(ちなみに食券制)

2013012212490000
今回注文したのは生姜が盛り込まれた醤油ベースのラーメンで、「青島食堂」を象徴する一杯noodleです。
この日の天気はちょっと小雪snowの舞う寒々しい状況downだったので、生姜入りのラーメンは食後は本当に温まりますup

見た目よりもサッパリとした醤油ラーメンで、麺の量も大盛で注文したものの、あっという間に平らげられましたなscissors

実に食べ応えがあり、冬の時期に頂くには丁度良い一杯でしたflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

じねん坊@富士宮市

2011082211250000
22日の富士山登山の前に、富士宮出身の後輩が案内してくれたお店です。

お店の名前は『じねん坊』といい、「お好み焼き』と「富士宮焼きそば」を一緒に提供していて、富士宮では良く見られるスタンスのお店のようです。

お店そのもは全てお座敷flair
登山前というのもあって、靴を脱いで頂けるのはありがたいです。

鉄板を使う・使わないといったお店によって異なりがあるのでしょうが、お好み焼きを頼まないと『富士宮焼きそば』を頂けないというお店もあるようです。

ここではそういった事は無く、普通に個別に頼めます。

2011082211070000_2
焼きそばの具は肉・エビ・ミックスといった素材が選べ、今回はミックスを選択します。

出てきた焼きそばは、独特のコシの強さがあり、ソースはちょっとまろやかに感じますが、「焼きそば学会」の基本的な味よりも濃厚でしょうか。

少し量が少なめに感じたので、もうちょっと増量upして良かったかも。
時間にもうちょっと余裕があれば、お好み焼きのほうも頂いて見たかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

安田屋・日野田店@秩父市

2011081012420000
昨日の下見に望む前に、昼食に立ち寄って頂いたお店です。

小鹿野にある「わらじカツ丼」で有名な『安田屋』の支店で、西武秩父駅から程近いところにある「日野田店」です。

お店そのものは、ちょっと子じんまりとしていて、外観からして行列になっていないと営業しているか?と思えてしまうほど年季flairの入った外観となっています。

タイミングが絶好だったようで、俺らが入店したと同時に席が開いたので、すぐに注文する事が出来ました。

名物のわらじカツ丼は2枚まで載せる事が可能なようですが、お隣さんのカツの大きさを見て、1枚で断念downすることにしました。

ただ、このカツはテイクアウトsign01も可能なようで、食べられなければその日のうちに食べる事も出来るのですから、ありがたいサービスでしょう。

2011081012300000
そうこうして待っていると、出てきた『わらじカツ丼1枚乗せ』(650円)。
見た目どおりのボリューム満点ぶりで、わらじカツは肉をしっかり叩いて余分な脂を落としているのか、思ったよりも中はさっぱりとした食感です。

タレは関東人好きな濃い味付けで俺好み。
美味しく頂きましたが、カツのサクサク感は失われている印象でした。

それでも食べ終わる頃にはかなりの満腹感dangerで充分に満足のいく昼食となりました。

小鹿野の本店では、「味噌汁」と「漬物」は付かないsweat01との聞くので、ちょっとお徳感はありましたねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

支那そば・一陽来福@八王子市

2011072815280000
温泉の後に「八王子ラーメン」を食べ部に行こうということで、口コミサイトを参照にして食べに来てみました。

今回選んだお店はお店の名前は『一陽来福』といいます。

八王子の市街地からはやや離れた場所にあり、お店は何とか見つかりました。
しかしお店の駐車場はと見当たらなかったので、ちょっと難儀したものの、何とか近くのお店の駐車場を利用させてもらう事に。

時間は3時近かったので、流石に全員が空腹状態down
混雑するお店との事ですが、時間が時間だけにスムーズに席に付くことが出来ましたね。

早速注文しますが、俺はつけ麺の大盛りを注文します。
どれだけのボリュームで出てくるのか正直楽しみでしたが、八王子ラーメンがどういうものなのか、ちょっと未体験だったから、それも楽しみでした。

2011072815090000
出てきた「ラーメン」はマイミクのカーくんが注文。
八王子ラーメンはラーメンに『玉葱』が多く使用されているのが特徴とのこと。

2011072815100000
俺のつけ麺は『大盛り+白髭ネギ』のトッピングなので、ちょっと食べ応えがありそう。

スープはちょっと辛口な仕上がりながら、思ったよりもあっさりしているので、最後はちょっと苦戦したけれども何とか完食sign01
このつけ汁の味付けは、実に俺好みなスープの味付けでした。

距離は遠いけれど、久々に来訪したくなるラーメンを堪能しましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

味の札幌・大西@青森市

2011070814030000
職場旅行の際に情報を得て、食べてみたいと思ってみたので、探して立ち寄ってみました。

ここ青森で有名になっているのは、『味噌カレー牛乳ラーメン』と呼ばれるもので、あちこちに店舗が存在し、味わえるようになっているのだとか。

そのうちの一店、元祖の系譜を受け継ぐ『味の札幌・大西』をチョイス。

店舗内はかなり年季の入った作りでしたが、立ち寄ったのが14時を回っていたにも関わらず、店内は男女問わず多くのお客が食べていましたね。

俺も看板メニューの『味噌カレー牛乳ラーメン』を注文。
一緒に行ったのが11人と大所帯だったのに、一気に作成してくれたようで、ほぼ11人分が同時に完成したので、手際の良さには驚かされます。

2011070814180000
出てきたラーメンは「味噌」の味もするし、「カレー」の味もしっかりと感じ取れるけど、どちらが主張しすぎないように、牛乳の存在でまろやかに仕上がっている感じがしました。
西山製麺を思わせる麺も歯ごたえがあって、丁度良い塩梅でした。

これならば、地元に愛されるのも納得できますね。
他にも多くのお店があるようなので、どんなお店なのかは下記のHPを参考にしてみてください。

※『青森味噌カレー牛乳ラーメン普及委員会HP』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

矢場とん・銀座店@中央区

2011070312490000
用件の為、銀ブラ?をする前に探して立ち寄ってみた『名古屋味噌カツ』の名店『矢場とん』の東京唯一の店舗『銀座店』です。

ちょっと分かりにくい場所にありましたが、店舗はこじんまりとしつつも、三階建ての雑居ビルの店舗だから、思っていたよりもキャパはありそうです。

カウンター席に入店し、基本的な『味噌カツ』の定食+特製の豚汁を注文。

2011070312360000
待ち時間ののち、ついに登場の『味噌カツ定食』+特製の豚汁ですsign01

見た目よりはボリュームはありますが。俺的には「量をランクアップup」してもよかったなって正直思いましたね。

肝心の味のほうはちょっと甘辛い感じに思えたけど、味噌にコクを感じられたので、肉をもう少し量が欲しいというい間はありました。

豚汁もダシが効いているので、満足のいく昼食でしたpaper

少しお値段が高いのが難点ですが、それでも一度は本店えでの違ったメニューも食べておきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

蒙古タンメン中本・大宮店@さいたま市

2011062919240000
職場の同僚から『蒙古タンメン中本』が大宮に出来たという噂をちょっと聞いていたけど、実際にその場に行った時には、意外な場所に出来ていた。

大宮店は東口の南銀座にあり、店舗の場所は俺が若い頃に同僚との飲みで使われていた居酒屋の後釜で、ちょっと中本の店舗としてはちょっと小じんまりとした場所という印象です。
内装は赤で統一されているから、「完全」に中本だけどね。

店の前には、2代目店主『中根 誠flairさんの顔写真がデカデカとした看板が置かれているので、「中本」だと明らかに分かる装いですな。

行った時間のタイミングが良かったからだろうか、すぐに入店できて蒙古タンメンを注文。
それほど時間が掛からず完成し、ラーメンnoodleを頂きます。

2011062919060000
今回は野菜を増量して頂いたけど、相変わらずの辛うまなラーメンを堪能sign01

しかし「中本」が進出したことで、周囲には「ラーメン二郎」・「大勝軒」と有名店舗がひしめいている状態に。
俺としては選択肢が増えて嬉しいけど、完全なラーメン戦争状態になってきたわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

伝説のすた丼屋・大宮店@さいたま市

2011021012380000
店舗の存在は知っていたし、食べに行った面々から話を聞くと、ハマる人もちらほらといるので、一度は食べてみたかったから、この日の仕事明けに乗り込んでみることにしました。

それは中央線沿線で人気を博し、昨年に大宮へと進出した『伝説のすた丼屋』です。

俺に「二郎」を紹介してくれた後輩いわく、食べるなら「全部増しsign01」をとか言っていたけど、実際に店舗で見てみるとかなりの量に見えます。

さすがに食べられないなと感じ、今回は「すた丼」の『肉増し』のみとしました。

2011021012240000
出てきた「すた丼」はご飯大盛りでなくてもかなりの量。
「~増し」とすると容器も少し大きめのサイズになるので、並よりも見た目もかなりの量に感じます。

早速チャレンジです。

最初はヨイヨイだったものの、ニンニクが混じった濃い目の味付けだからか、後から胃にズシンとくる感じ。

ちょっと最後は息切れ気味になったものの。多少の余裕sign02を残して完食です。

しかし『全部増しannoyは出来ない感じの印象ですが、パンチのある昼食でしたなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

青木亭・大宮店@さいたま市

2011011812260000
今日の仕事後に追加であった研修を終え、同僚の面々で立ち寄ったラーメン店。

草加に本店を構える『ラーメン青木亭』の支店・『大宮店』です。

前々からこのお店の前を車で通り、独居の傍にも支店はあるので、前々から気にはなっていました。

今回の研修の場所が近所ということもあって、初めての挑戦です。

今回は定番の『しょうゆ味』を選択、少し小腹は空いていたから、麺の量は『中盛sign01で注文します。

2011011812150000
出てきたラーメンが『定番・しょうゆ味(中盛)』です。

スープの見た目は背油が浮いてコッテリそうな感じですが、スープの味は思っていたよりもサッパリとした味わいでした。

麺は中細麺で、俺の好みよりはちょっと細いかな。麺の具合はちょっと柔らかめの仕上がりでした。麺の硬さは調整できたので、少し硬めに仕上げて貰えれば良かったなという印象でした。

ただスープと麺との相性は良かったので、美味しく頂けて満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

分水堂菓子舗@弥彦

2010121714490000
こちらも17日の新潟日帰り旅行の際に利用したお菓子店です。

神社への行きがけでは気がつかず、帰りは徒歩で弥彦駅まで歩いた際に見つけました。お店の前に行列が出来ていたのに気づき、どんなものだろうかと気になったので。

ここのお店の代表するお菓子は『パンダ焼き』と呼ばれる物です。

弥彦では知られたお店なのですが、弥彦のみならず、お菓子のコンテストで1位を獲得したということで、全国的にも知られたお店とのことです。

2010121714500000_2
『パンダ焼き』
は全面が白生地で中身は2種類の餡が入っています。

「大判焼」や「たい焼き」のような生地を想定しましたが、実際の生地はホクホクしたような感触ではなく、餅のような弾力と張りのある生地でした。

中身の餡は「小豆のつぶ餡」と「枝豆のつぶ餡」の2種類で、買うときにはそれぞれのパンダ焼きが2個ずつの「1セット」での購入です。
帰路の弥彦線の車内で両方頂きましたが、外見どおりのモチモチとした食感ですが、「枝豆のつぶ餡」の方はちょっと味が淡白な印象で、俺としては「小豆のつぶ餡」方が好みでしたね。

時間的にも丁度良い「おやつ」で、適度にお腹に貯まるお菓子だったし美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧