スキー(10/11シーズン)

2011年2月 8日 (火)

物足りない滑走日(滑走9日目)

2011020810030000
今日はイベントの2日目。
メインイベントとして「大回転競技」が行なわれる。

軽井沢の競技バーンでもある「パラレルゲレンデ」は俺が競技をしていた中でも好きな競技コースの一つ。

やっていいかなってふと思ったけど、競技を始めてしまうと手を抜けない感じになってしまうから、ちょっと気持ちを飲み込んで見学モード。

見学していたのは前半はスタート地点の場所にいたけど、途中からは最後の落ち込みに近い場所でのバーン上でそれぞれ見学。

セットはスノーボードも入るからスキー競技としては甘めなセットになっているものの、最後の部分は切り替えが遅れると減速になる罠が仕掛けられていた。

上手い先輩はその部分を逃さないのは流石というべきか。見ているだけで勉強になったな。

2011020810190000
今日はこのイベントが中心になってしまい、閉会式も15時という設定だったから、滑れたのは10本にも満たなかった。

ここまで滑らなかったのは本当に久しぶりだ。リフト券代がちょっと高めだけにこれは勿体無いと正直に思う。

2011020815480000
イベントが終わってから、運転する後輩の紹介で軽井沢アウトレットの中にある「そば粉」を用いたクレープ店『旬粋(しゅんすい)』へ。

2011020815480001
注文したのは『ブルーベリーとチーズ』のクレープ。そば粉の生地はどんなものかと思ったけど、モチモチとした食感でブルーベリーの甘さとチーズの味が合っていて食べやすかったな。

普段はスフトクリーム以外ではこういった甘い物を口にしない俺だけど、たまにはこういったタイプのものも悪くないなって思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

数年ぶりの軽井沢へ(滑走8日目)

2011020711350000
今日から所属する労組主催のスキーイベントに参加するため、『軽井沢プリンスホテルスキー場』へ。

前回の『高畑』で限界以上にコブ斜面で体を酷使したからかもしれないが、筋肉痛が抜けきれなくて、背中と腕が痛いまま。

体を動かして、強引に直してしまえということで、数年ぶりの軽井沢を堪能します。

ここは天然雪が降りにくく、人工雪がメインのスキー場だけど、気温が低下するとかなりバーンが硬くなるのが特徴。

2011020714410000
少し固めの板だと相性は抜群のようで、浅間山も見えるロケーションだから、気持ち良いロングターンdashの練習が出来ますね。

この日は特にイベントは無くて、ひたすら滑走を楽しむ1日でした。
宿泊はこのホテル内にあるプリンスコテージ。グループで滑りに来る場合にはピッタリflairの施設だなっていつも思う。

2011020720340000
たまにはこういう施設で泊まるのも悪くないやgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

コブ三昧な1日(滑走7日目)

2011020507470000
この日予定していたのは俺が主催する登山クラブのイベントだったけど、この日に開催が出来ず、予定を変更していた。

が・・入れてあった休みをキャンセルし忘れたらしく、有給休暇の無駄打ちになってしまった。

2011020508280000
それでは勿体無いので、日帰りながら『高畑』への滑走へ。

2011020508360000
道路の凍結具合も大した事は無く、8時30分には高畑へ到着。平日とは雲泥の差だけど、やはり土日は混雑しています。

2011020512380000
平日と休日の差はほとんど滑ることが叶わないレッドのコブバーンが、土日は有志の皆さんで作成されること。

今回は作成段階から加入できたので、滑り込むことで良い練習になりそう。

ただ先週のコブバーンが残っているようで、それを掘り出す&新規作成で2レーンを作って滑り込みます。

俺はピッチの細かいコブが苦手だから、作成段階から出来るのは勉強になるわ~。でも破綻も何回かあってコースアウトの連続。

それでも慣れてくると最後まで完走できるようになるけど、無駄な力が入っているからすぐに息が上がりますな。
それでも踏ん張って10本前後は滑り込んだと思う。

2011020514080000
昼食後は各コースへと滑り込んだけど、結局行き着く先は「ブルーセンターのコブコース」。
ここのコブは驚異的な深さになるし、土休日に来ないとお目に掛かれないので、挑戦してみるものの、ゆっくり滑って3本程度しか完走できずsweat01

もっと力を抜きたいのだけれど、深い溝に入ってしまうとすぐに力んでしまうから、まだまだ練習が必要ですなぁ。

夕方には常連さん達に混じってデラ掛けに参加。

2011020516340000
バランスを取るのが難しいのを実感します。最後にオレンジラインを滑って、本日の滑走は終了。

2011020517300000
滑走後は桧枝岐の「燧の湯」にて汗を流し、「おあしす」にて夕食後に帰還。
ちょっと帰宅が遅くなったけれど、充実した滑走の1日でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

さらに吹雪のガーラ(滑走6日目)

2011012809100000
夜になってもずっと雪は降り続けて、朝起きてみると相当積もっていたけれど、多少晴れ間も覗いていたので、ちょっと期待を持ちながらゲレンデへ。

先輩と同乗する行きのリフトの中で、新型そりを運搬するガーラスクールの佐藤 譲校長と一緒になり話をした。俺としては今年はかなり雪が降ったように思えるのだが、これでも地元からすればまだ降っていないほうなのだとか。

目安となるポイントに雪が付いていないことが理由なのだが、それはちょっと驚きだった。
そうしてゲレンデへ降り立ち、リフトで上部へと上がると、明らかに視界が無いことが分かり、何やら吹雪の予感。

案の定その予感は的中で、朝方の晴れ間も何処へやら・・・気が付けば昨日と全く変わらない状況下。

2011012810050000
昨日よりも風があるので、ちょっと寒さが身にしみる感じです。
今日はGSの大会だったのだけれど、引退した俺としては選手として参加はしないので、今回は旗門員としての参加。

人数は多くないので、直ぐに交代は来たけれど、それでもただ立っているだけだから今日の天候はちょっと辛い環境だったわ。

イベントが終わった段階で時間は13時に近く、イベント終了時間も15時という設定だったから、ほとんど滑っていられない。

これはちょっと勿体無い気もする。
こういった雪を滑り込めるのは中々無いから、限られた時間で滑って練習し、下山コースで今日の滑走を終えることにします。

2011012813460000
下山コースも視界が悪く、昨日と全く同じシチュエーションだったけれど、状態はまだ良かったような気はする。

2.5kmと結構距離も長いので、止まらずに滑ると足がパンパンになるけど、これだけの長さを滑ることは無かったし、最近やっていなかったから、ちょっとしたトレーニングになったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

吹雪のガーラ(滑走5日目)

2011012709590000
今日から所属する労組主催のスキーイベントに参加です。

会場はここ数年同様の『ガーラ湯沢』
今年20周年記念とのことで、色々と新しい取り組みをやっているらしい。

麓の施設「カワバンガ」で積雪量を確認すると「320cm」越えとなっていたので、暖冬続きだったからこんな数字を見るのは久しぶりだろうか?

ゲレンデへ出ても視界不良の猛吹雪状態。
新しい雪がバンバン降り積もる状態で、ゲレンデで会った先輩達も滑らずに早々にレストハウスへと撤収してしまう始末。

俺はこんなシチュエーションで滑れるのは中々無いので、早速滑りに行きます。
高畑の粉雪とは違い、湯沢の雪はちょっと水分を含んでいるからか、ちょっと重い感じでトップに加重を寄せると引っかかってしまう。

ちょっと警戒しながらの滑走を楽しみます。

2011012713160000
今年のガーラは2004年の中越地震以降、地質変化によって使用できなくなった『南エリア』が復活したとの事で、それも行く楽しみの一つでした。

久々に踏み込む「南エリア」は本来であればコブ斜面がメインの不整地のオンパレードでしたが、今日は新雪状況だったからか、ほぼ前面不整地という状況で、ちょっと厄介な斜面は多かったかも。

2011012714440000
リフトも以前は高速リフトだったけど、「低速のペアリフト」に変更になっていましたね。採算が取れない部分だからこれは仕方がないか。

今回はスキーイベントだったので、スケジュールがあったから、いつもよりも早く上がる事に。

2011012715120000
そこで今回の目玉として作られたのが、全長2.5kmの『下山コース』というもの。
初級者であれば滑り降りられるというのが触れ込みだった。

実際に滑ってみると、ちょっと難易度が高い感じがしたな。
俺の評価的には「中級斜面」の指定でも良いのではと思うのだけれど。

2011012717020000
下山後は越後湯沢温泉の宿での宿泊。
宿の屋根にはかなりの量の雪が降り積もっていたけど、明日は大丈夫だろうか?
この昨年に続いてこのお宿は2度目だけど、館内も綺麗だし、ちょっと俺は好きな宿になってきたな~。

2011012718470000
明日に備えてゆっくりと休めそうですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

パウダー天国・地獄?(滑走4日目)

2011012008570000
1月4日以来の滑走となるが、「高畑スキー場」へ出陣。

16日から雪が降り続いているとあって、路面状況は塩原から凍結路の様相を見せ始め、尾頭トンネルからは完全な未除雪路で、吹雪状態。

2011012008580000
前日に結構な降雪があったのかもしれないが、久々の滑走としては期待がもてそうな雪質を楽しめそうで、気分が高揚してきます。

路面状況がちょっと悪いので、慎重な運転を心掛けます。経年劣化でタイヤの限界が低いから、急ハンドルは厳禁だし。

そんな運転で高畑には9時前に到着、車は異様に少ないし、リフトも動いていないのでちょっと心配だったけど、コース整備が遅れているのだとか。

2011012009390000
早速ゲレンデへと飛び出し、久々の板の感触を確かめます。
コース整備が急ごしらえ的感じで、ブラックラインには所々で深雪ゾーンの山が隠れているので、見逃すと突っ込んで転びそうなトラップbombな状況も。

全体的に新雪でパフパフな状況だからか、滑っていて楽しい~!

今日はオレンジラインが運休になってしまったので、ほとんどブラックラインを中心に滑走を楽しみます。

4日に滑った中身のおさらいを低速が出来そうな場所で繰り返し練習。少し体が慣れてきたら、レッドに移動して滑り込み。

2011012010160000
雪面は整備した後に雪がそのまま積もる状況なので、始めは丁度良いけれど段々にボコボコとした状況へ、気分転換にスーパーブラックにも挑戦してみたら、腰付近までの雪で途中で力尽きて深雪の餌食に・・・抜け出すまでに時間が掛かって、余計に体力を浪費してしまった。

新雪も固まってくるとボコボコになりかなり滑りづらい状況だけど、こういう時には無駄な力を抜くと丁度良いみたい。

新雪というシチュエーションをあまり経験していないからかもしれないが、今シーズンは雪に恵まれているから、出来る限りこういう環境下での滑り込みをやっておきたいなって思う。

2011012015460000_2
寒さも結構厳しかったので、今日は15時半で終了。
車に戻るとかなりの新雪が積もっていたな。

除雪でちょっと体も冷えてしまったので、帰りは『桧枝岐温泉・燧の湯spaで体を温めて帰宅、温泉効果なのか眠気もちょっと出てきてしまった。

路面状態の悪さもあったのかもしれないが、この上河内SAでの休憩を交えたら帰宅は22時過ぎ頃になってしまった。

こんな時間になると車中泊を久々に敢行したくなりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

良質雪での反復練習(滑走3日目)

2011010409030000
年末年始も全く休めなかった俺の仕事もようやく一段落ということで、今シーズン初の『高畑』へと出撃です。

年の瀬にちょっと本格的な雪が舞ったので、行きの道中も凍結路が出たりでちょっと緊張感を感じさせる路面状況。

30kmもの凍結路を走るのが高畑へ行くまでの醍醐味だけど、今のスタッドレスは4年目。しかも初年度に保管状況をちょっと誤っているので、今回はグリップの限界の低さを感じさせる場面も。何だか行く前から楽しむ前に嫌な緊張を強いられますわ。

今シーズンの高畑には9時前に到着。ここに来るとちょっとテンションが上がりますな。天気はちょっと曇り気味で、時々小雪が舞う状況。

2011010413110000
雪質は粉に近く、最高の環境だけど、ところどころに土が露出しているので、そろそろ雪が欲しいところか。

序盤はブラックラインを中心に、滑走1日目の講習内容をおさらいする練習から。
初日に比べればポジションはちょっとしっくりするようにはなってきたけど、まだ骨盤の移動がやりにくい感じ。特に靭帯が切れたままやっている右側へのシフトはかなり違和感がある。

それでもこの練習の意図が何となくだけど分かった気がするのだが、これを実感するには一度講習に入った方が良さそうだって思う。

ほぼ全コースがオープンしているので、全コースのクルージングを敢行。どの斜面もほぼ圧雪されていて、滑っていて快適で、気持ちが良いです。

2011010414460000
しかしブルーラインでは石も出ているし、土も露出しているから、早めの降雪を期待したいです。

レッドでは今シーズン初のコブ斜面に挑戦もピッチが細かくて、運動不足の今の状態では最後まで滑れなかったし、2本が限界だったな。
すこしずつ調子を上げていかなくちゃいけませんわ。

本来なら車中泊してでも行きたかったけど、残念ながら今日は日帰りモード。じっくり滑り込んで16時リフト終了時にオレンジラインアウトを滑って終了。

次回はいつ行けるか分からないけど、今日の感覚を忘れないよう早めに高畑へ滑りに行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

寒さにやられた1日(滑走2日目)

2010122709080000
今シーズン2回目の滑走は、『ハンターマウンテン塩原』へ。

本来ならば高畑へ行きたかったのだけれど、翌日の仕事への影響を考慮して、ここにすることにしました。

この日は放射冷却になっているのか、氷点下5度と凍える状況でゲレンデ状況もカチカチのバーンでとにかく硬い。

2010122709090000
天候は見事な快晴なので、周囲の山の展望flairもバッチリです。
スピードも出る感じなので、今はしっかりと基礎固めをする時期じゃないかと思うので、ちょっと抑え気味に。

午前中は前回の滑走で教わった練習を中心にポジションの確認。少し早めの昼食後ににて上部は「小回り」練習、下部にて「大回り」の練習に終始。

2010122710110000
教わった動きを取り入れようとはするけれど、やはり慣れない動きなのか、ちょっとしっくりこないし、まだまだ練習は必要ですな・・・。

現在の独居から一部のスキー道具が引き払えていないので、着ているの着衣もちょっと薄手だったのも災いしてか寒さが身に染みる状況が続いて、ちょっとモチベーションが午後からやや低めになってしまい、15時半くらいで上がってしまった。

いつもならリフトが止まるまで滑るのだけれど、今日はそこまでのテンションにならずに終わってしまったのは勿体無いところ。

早めに全てのスキー道具を引き上げて、本来の調子に戻していかないと・・・。
次回の滑走は年明けになると思うが、次こそは高畑へ滑りに行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

出来ない操作(滑走1日目)

2010121816460000
かなり遅いスタートになったけど、今スキーシーズンの開幕です。
本日のゲレンデは『鹿沢スノーリゾート』

前職場のスキークラブで一緒に活動していた後輩(年上)からお誘いを受けて、埼玉県スキー連盟の第9ブロック主宰のスキーイベントに参加させて貰えることになった。

2010121808540000
俺は今回初使用のブーツと板を使用しての参加だったけど、イベントの内容が技術指導のため、すぐに板の感覚に慣れないといけなかった。

前の板との違いはサイドカーブが大分違うからか、すぐにエッジが立ってしまうので、ずらしたり回したりするのはちょっとやりにくい感じ。

ボーゲンのみで滑ったけど、板の感覚に慣れないまま講習に突入。
今回は同じ1級レベルの生徒5名と先生の構成。他の講習が軒並み10名前後の構成なので、この人数は適正というべきだろうか。

教わった中身の主題は、「自分から力を加えずに、板の落下に任せ方向付けすること」というのを1日フルに使って教わった。

2010121809150000
この動きは骨盤と内脚が主体になるのは理解できた。この動きがボーゲンだと何とか出来るけど、いざパラレルになると外足が動いてしまって全く出来んわ~。

他のメンバーはほぼ及第点貰えているのに・・・。
午後からはずっと悶々とした状態でした。ただこの滑り方も雪質に合わせた中での技法の一つで、これにこだわる事はないとのことだけど、『脱1級』という点では必要な技術とのこと。

まだシーズン始まったばかりだし、今シーズンの課題として組み込んでも良いかも。
何とかモノにできると良いなぁ。

とりあえずは今シーズンも怪我無しで無事に乗り切ることを目標に楽しんでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)